OpenDocument

2006年03月05日

英国ブリストル市の場合(12) 最終回

Moving Forward
-------------
ブリストル市の未来

The Bristol case study has been a superb example of a migration performed sensibly. From speaking to Beckett on the phone and via email, it is clear that he has a great degree of patience and time to ensure that the research, proposals, migration, and retraining is as smooth and supportive as possible. In some other cases, the migration team has taken a less patient and understanding approach to its users--it's good to see Beckett has employed some grounding to his work.
-----
ブリストル市の事例は、賢い移行の好例だ。電話と電子メールでBeckett氏と話をしてわかったのは、移行に必要な調査、提案、実行、トレーニングができる限り円滑に進み、職員を励ますものになるように、彼が時間と忍耐を惜しまず、粘り強く計画を進めたということだった。他の事例を見ると、移行計画推進チームのユーザー理解およびユーザーに対する忍耐が足りない例がある。Becket氏は自分の仕事を達成するために最も大切な基本的姿勢をくずさなかった。

Another impressive aspect in this particular case study is that the migration team has worked to produce a number of supporting documents and research papers that outline its findings and work. As such, Bristol has not only developed a sound migratory path, but also has documented the process, providing feature comparisons, business cases, and more for the benefit of other people in similar positions.
-----
もう1つ、このブリストル市の事例で印象的なのは、移行プロジェクトチームが、ユーザーサポート用文書と、チームが行った作業と結果をまとめた資料を数多く作成したことだ。このように、ブリストル市は、円滑に移行を進める道を切り開いただけでなく、そのプロセスを文書化し、機能の比較、ビジネスケース、そして同じような立場にある人々の役に立つ情報を提供した。

What is in store for Bristol? Is it going to move other parts of its organization to open source? "I recall reading an article last year which made the point that you need to treat the use of open source for strategic purposes with the same discipline and rigor as you would use for commercial solutions," says Beckett.
-----
ブリストル市にはどんな未来が待っているのか。市の他の機関もオープンソースに移行するのか。「去年読んだある記事に、戦略目的で利用するなら、商用ソリューションに求める厳しい基準を、オープンソースにも同様に求める必要がある、という指摘がありました」とBeckett
氏はいう。

"That's essentially how we approach it. We're very open to open source, but it has to meet the same criteria as anything else--things like functionality, robustness, sustainability, interoperability. In a sense, every area of the ICT infrastructure and business applications that might be reviewed in the future could be a candidate for open source solutions.
-----
「これが私たちのアプローチの要点です。私たちはオープンソースに胸を開いています。しかし、機能性、堅牢性、持続性、相互運用性など、他のソフトウェアと同じ基準を満たしてもらわなければなりません。ある意味では、将来、情報通信技術のインフラストラクチャとビジネスアプリケーションのあらゆる分野が、オープンソースソリューションの候補になる可能性があるといっていいでしょう」

For instance, we're reviewing our ICT strategy and technical architecture over the next six months, and this will include looking at how we provide file and print services, email, application servers, the desktop OS, and more. In each of these areas we'll take a hard look at the options."
-----
「たとえば、私たちは、これから6カ月、私たちの情報通信技術戦略と技術アーキテクチャをレビューします。このなかで、ファイルサービス、印刷サービス、電子メール、アプリケーションサーバー、デスクトップOSなど、たくさんのサービスをどのように提供していくかを検討します。このようなサービスそれぞれのオプションに厳しい目を向けていくつもりです。

An obvious choice for migration is its Netware solution. "Our current file/print server platform is Netware, which everyone knows will be gradually phased out by Novell as they ramp up their Linux-based OS services. So we will look at whether our next step is to Novell SUSE Linux, or another Linux, or Windows Server, or even Solaris. I don't know what the answer will be yet--but we'll consider all factors in our decision, just as we did with the office suite."
-----
次の移行ターゲットはNetwareソリューションだ。「現在のファイルおよび印刷サーバーのプラットフォームはNetwareです。NovellがLinuxベースのOSサービスを推進しする一方で、NetWareを徐々に廃止しようとしていることは、誰もが知るところです。ですから、私たちは、次のステップを考えなければなりません。NovellのSUSE Linuxにするのか、それとも別のLinuxにするのか、あるいはWindows Serverか、はたまたSolarisか。その答えがどうなるのか私にはまだわかりません。しかし、私たちはあ、オフィススイートの選択でやったように、あらゆる要素を考慮して決断することになるでしょう」

著者について
-----------
Jono Bacon has been working as a full-time writer and technology consultant/developer since 2000 and has worked for a variety of publishers and companies.
-----
この記事を書いたJono Baconは、ライター、技術コンサルタントおよび開発者として、2000年以降、さまざまな出版社、企業と仕事をしています。

at 12:47|Permalink

英国ブリストル市の場合(11)

With Beckett's experience on the front line in migrating a council over to an alternative platform, he believes that other councils can make the move depending on their circumstances. "Councils will benefit most if they share many similarities with our context--a mixed software environment, significant financial constraints, a recognized need for more user training in IT. We have reflected on this at more length in the Building a Business Case report."
-----
Beckett氏は、カウンシルを別のプラットフォームに移行する作業の最前線で働いてきた経験から、他のカウンシルも状況に応じた移行が可能だろうと思っている。「さまざまなソフトウェアが混在している環境、逼迫した財政事情、もっと多くの職員にITトレーニングを行わなければならないという認識など、私たちと同じような問題を抱えるカウンシルであれば、私たちの経験から得るところは非常に大きいと思います。これについては、ビジネスケースの構築レポートで詳細に考察しています」

With such experience behind him, where does Beckett feel like the process could be improved? "We aren't waiting for the next project to improve our migration processes--each section of the council that we have migrated has an end-of-stage report, which details what we have done for them and identifies any issues. Alongside this, the project team review what went well and what could be improved. We've made small changes here and there to our approach; for instance, we are going to start distributing our getting-started guides when we first visit the team to gather basic information, rather than waiting until we arrive on site for the 1-1s."
-----
このような経験から、Beckett氏は、プロセスを改善できるところはどこにあると考えているだろうか。「私たちは、移行プロセスを改善する次のプロジェクトを待っているわけではありません。移行を完了したカウンシルの各部署は、完了レポートをつくります。何が行われたのかを詳述し、問題点を明記したレポートです。これと並行して、プロジェクトチームは、何が上手くいったのか、何が改善できるかをレビューします。移行のやり方には細かな変更がいろいろありました。たとえば、スタートガイドの配布というのがあります。プロジェクトチームは、基本情報の収集を目的とする最初の訪問の時に、スタートガイドを配ります。そうすれば、次にプロジェクトチームが実際の打ち合わせに来るまで待たずとも、各部署は移行を始められます」

at 11:28|Permalink

2006年03月04日

英国ブリストル市の場合(10)

As with any migration plan, naturally some difficulties arose in Bristol's migration too. "Of course there are hiccups and challenges--we are interrupting the operational flow of activities in service delivery teams, which sometimes means that users don't get round to telling us about all the important documents before we arrive, or aren't available on the day they are due for their 1-1 session.
-----
「どんな移行計画でも難しい問題が出てくる。ブリストルも例外ではなかった。「もちろん、ちょっとした問題から難しい問題まで、いろいろな問題が出てきました。移行作業のために住民サービスにあたるチームの日常業務が一時中断してしまうこともあります。移行チームが住民サービス課のところに行くまで、重要文書の取扱いについて打ち合わせができない、実際に変換が必要な文書を、その日までに用意できない、といったことが起こりました」

But none of these things have seriously affected the migration process. We expected some surprises, and planned in 'mop-up' weeks between migration phases, in which we book return visits and finish off document conversions. This has worked well so far, and we've migrated over 2,000 staff.
-----
「しかし、このようなことが、移行プロセスに深刻な影響を与えることはありませんでした。予想しないことが起きるのを見こんで、移行の合間に「掃討」週間を設けました。各部署にもう一度足を運び、ドキュメントの変換を完了させる週間です。これもいまのところうまくいっています。これまでに職員2,000人が移行を完了しました」

One thing we've had to manage carefully is our exceptions process--which exists to enable people to register their need to retain Microsoft Office, if for instance they have to complete Central Government financial returns in Excel that use VBA. We set a target of no more than 15 percent exceptions across the city, and so far it's well below that. Quite a few of these exceptions relate to users of business systems that currently use Microsoft Office for letter production or data analysis, and our disabled staff whose assistive technology doesn't work with StarOffice.
-----
「注意深くやらなければならなかったのは1つだけ。それは例外処理です。Microsoft Officeを使う必要があるときには、それができなければなりません。たとえば、VBAを使っているExcelで中央政府への申告書類をつくらなければならないことがあります。私たちはブリストル市全体の例外処理の目標を15%以下に設定しました。いまのところ順調で目標を下回っています。このような例外処理が必要な例は非常にわずかで、それは現在手紙の作成やデータ分析にMicrosoft Officeを使っている業務用システムのユーザーと、StarOfficeで動かない支援技術を使っている障害をもつ職員です」

We've been working with several of the big local government system vendors to develop and test StarOffice integration. You'll see more information about this from the Open Source Academy later in 2006."
-----
「私たちは、複数の大手地方自治体システムベンダーといっしょに、システムとStarOfficeの統合開発およびテストに取り組んでいます。これについては、2006年の後半、オープンソースアカデミーから詳細が伝えれられると思います」

at 23:58|Permalink

英国ブリストル市の場合(9)

Implementing StarOffice
--------------------
StarOfficeの導入

With the proposal to move to StarOffice accepted, the next step was to perform the actual migration. This process in itself is a complex and time-consuming job, and it continues, but Beckett is pleased with the progress.
-----
StarOfficeへの移行計画が承認されたので、次のステップは実際に移行を実行することだ。このプロセスは、それ自体が複雑かつ時間のかかる仕事である。この仕事に終わりはない。しかし、Beckettはここまで来たことを喜んでいる。

"I'm pleased to say that it's been smooth so far, in large part due to an able project manager and a very hard-working and skilled support team. We attracted some excellent people and have built a small team that includes some long-term council IT officers with some newer recruits.
-----
「いまのところ移行は円滑に進んでいます。これは有能なプロジェクトマネジャーと熱心に働いてくれている技術力の高いサポートチームのおかげです。私たちは、優秀な人材を確保し、小さなチームをつくりました。このチームには、これまで長い間カウンシルのIT部門で働いてきた幹部職員や最近採用された職員が参加しています」

The combination results in a team with energy and experience; I keep hearing positive comments from users about the quality of support they're getting. Overall, we've found the council's staff are willing to work with us, and once we get to visit them and sit side by side, looking at StarOffice on their PCs, people are open to trying it out."
-----
「結果的にエネルギーと経験を備えたチームになりました。サポートの質の良さを評価する職員の声が私の耳に入ってきています。全体として、カウンシルの職員はチームといっしょにやっていこうと考えていることがわかりました。職員が働いているところに行って、彼らが使っているPCの前に座り、いっしょにStarOfficeを操作してみればわかります。もはや使ってみることに抵抗はありません」

Beckett shared some of the techniques, activities, and methods in which he has helped to ease the migration process. "We spend a lot of time preparing before arriving on site. We gather information about the team locations [and] names of staff, and use various tools to scan and analyze their files--looking for potential issues that will need technical support.
-----
Beckett氏は、移行プロセスを円滑にするテクニックや活動、方法論の共有を進めた。「私たちは、職場に導入する前の準備に時間をかけました。チームの所在、スタッフの名前など情報を集め、さまざまなツールを使って、彼らのファイルをスキャンし、分析しました。こうして、テクニカルサポートが必要となるだろう潜在的な問題を見出そうというわけです」

We communicate with the team in a variety of ways, and work with them on any complex document conversions. We provide half-day familiarization courses for key users, and help managers to decide who else to book on longer training courses. A lot of this has been documented in our Deployment & Migration, Communication and Training Packs for the Open Source Academy."
-----
「チームとのコミュニケーションはさまざまな方法で行われます。複雑なドキュメントの変換もいっしょにやります。要となるユーザーには半日の実習コースを用意しました。こういうことをまとめて書いてあるのが、オープンソースアカデミーの、導入、移行、コミュニケーションおよびトレーニングパックです」

at 21:34|Permalink

2006年03月02日

英国ブリストル市の場合(8)

When Beckett and his team made the decision to move to StarOffice, the story was certainly not over. "We had many intense debates about the proposal and eventual decision to use StarOffice. Many people questioned the sense of the decision, and wanted to know that we had considered all angles.
-----
Beckett氏のチームは、StarOfficeへの移行を決めた。が、それは終わりではなかった。話はそれからだったのだ。「私たちは、StarOfficeを使うという提案と最終的な決定について真剣な議論を重ねました。多くの人が、どうしてそのような決定をしたのか、その意義を問いました。また、あらゆる角度から問題を検討したのかどうかを知りたいと考えていました」

On a smaller scale, we had to provide answers and engage in similar discussions, but whereas Peter Quinn and MA's ITD have had to deal with live blogging and podcasts of their every word, we had the luxury of conducting our debates internally."
-----
「Peter Quinnとマサチューセッツ州IT部門の議論は、ことごとくブログやポッドキャストに取り上げられたので、彼らはそれに対応しなければなりませんでした。私たちも、マサチューセッツ州に比べれば規模は小さかったけれども、同じような議論を行い、疑問に答えてきました。マサチューセッツ州と違って、カウンシル内部で納得行くまで十分議論ができたと思います。これは、ぜいたくなことだったのかもしれません」

Beckett was keen to ensure that his group conducted every step of the process with the utmost care and attention to keep the proposal on track. "We took care to consider all of the objections and concerns, to investigate them and provide answers, and to build consensus at all levels of management.
-----
Beckett氏は、彼のチームが移行計画のスケジュールに最大限の注意を払いながら、1つ1つステップを踏んで計画を進めることが大切だと考えていました。「私たちは、議論で出されたあらゆる意見と不安に耳を傾け、検討し、答えを出しました。そして、すべてのマネジメントレベルで合意を形成しました」

Once the corporate management team had approved the proposal, we sought and received political approval from our executive member, the council equivalent of a minister. Our business case was centered on the costs and savings rather than the wider open standards issues, and ultimately this proved compelling."
-----
「カウンシルのマネジメントチームが計画を承認したので、私たちは、エグゼクティブメンバーに承認を求めました。カウンシルのエグゼクティブメンバーは、国でいう大臣です。エグゼクティブメンバーは私たちの要請にこたえ、計画を承認しました。私たちのビジネスケースは、オープンスタンダードの問題よりも、コスト削減に力点を置いていました。最終的にはそれが功を奏したと思います」

at 14:35|Permalink