OpenDocument革命(1)OpenDocument革命(3)

2006年02月01日

OpenDocument革命(2)

OpenOffice.orgオープンソースソフトウェア
----------------------------------------
OpenOffice.org(オープンオフィスドットオルグ)はオープンソースソフトウェアのオフィススイートです。後で紹介しますが、OpenDocumentファイルフォーマットはOpenOffice.orgのXMLファイルフォーマットをベースに開発されました。OpenOffice.org1.1.5はOpenDocumentファイルを読むことができます。しかし、ドキュメントをOpenDocumentファイルで保存することはできません。OpenOffice.org 2.0は、OpenDocumentファイルに完全対応した最初のオフィスソフトウェアです。StarOffice/StarSuite 8は、Sun Microsystemsの商品です。これはOpenOffice.org 2.0をベースにしていますので、もちろんOpenDocumentに完全対応しています。OpenOffice.org 2.0やStarOffice/StarSuite 8を使えば、OpenDocumentファイルフォーマットのドキュメントを自由に読み書きできるというわけです。
OpenOffice.org 2.0なら、テキスト文書も、表計算文書も、プレゼンテーション文書も、グラフィック文書も、OpenDocumentファイルフォーマットで保存できます。OpenOffice.orgは、マイクロソフトのOfficeとの互換性が高いことでも知られています。私たちがよく目にする、.doc、.xls、.pptといった拡張子をもつファイルを読み書きすることができるのです。.docはWordで作成したdocument(ドキュメント)です。.xlsはExcelで作成したspreadsheet(表計算)です。.pptはPowerPointで作成したプレゼンテーションです。
OpenOffice.orgは、Writerというワープロソフト、Calcというスプレッドシートソフト、Impressというプレゼンテーションソフト、Drawというグラフィックソフト、Baseというデータベースソフトを統合したオフィススイートです。Writer、Calc、Impress、Draw、Baseをオフィススイートを構成するアプリケーションともいいます。各アプリケーションで作成したドキュメントをOpenDocumentファイルフォーマットで保存してみましょう。
Writerで作成したドキュメントをOpenDocumentファイルフォーマットで保存すると、ファイル名に.odtという拡張子がつきます。'o'pen 'd'ocument 't'extを表しています。Calcでは、.ods、'o'pen 'd'ocument 's'preadsheetとなります。Impressでは、.odp、'o'pen 'd'ocument 'p'resentationとなります。

at 13:51│
OpenDocument革命(1)OpenDocument革命(3)