2006年02月

2006年02月28日

英国ブリストル市の場合(5)

The Numbers Game
-----
難しいコスト計算

Although Beckett identified that cost was only one of many issues to consider in the business plan, TCO was a large factor that affected which way to move. It was apparent, however, that StarOffice was a compelling solution. "Clearly, having weighed up all of the relevant costs, we decided that the TCO of StarOffice was lower than Microsoft Office; otherwise we wouldn't have recommended the council adopt it.
-----
コストはビジネスプランで考慮すべき多くの問題の1つに過ぎないとBeckettは考えていたが、TCOは、どう動くかを左右する要素だった。しかし、StarOfficeがイチオシのソリューションであることは、はっきりしていた。「関連コストをすべて計算した結果、StarOfficeのTCOはMicrosoft OfficeのTCOより低いという結論を得ました。そうでなければ、カウンシルに採用を勧めなかったでしょう」

If you look at our Open Source Academy report on Building a Business Case for StarOffice, you can see that we looked at a very wide range of TCO elements. We based our evaluation on the Gartner office automation migration cost model but decided that some factors should be excluded, as they were effectively neutral between the two options."
-----
「Open Source Academy(オープンソースアカデミー)のBuilding a Business Case for StarOffice(StarOfficeのビジネスケース)というレポートをご覧ください。私たちがさまざまなTCOの要素を幅広く検討したことがわかります。私たちは、Gartnerのオフィスオートメーション移行コストモデルで評価を行いました。しかし、2つのオプションで効果の違いがはっきりしない要素は除外しました。」

Talking to organizations about moving over to open source typically identifies support and training as the key costs involved in a migration.
-----
オープンソースへの移行について、企業や自治体などに話をするときは、移行にかかる主要コストとしてサポートとトレーニングがどうなるのかを明示するのが普通だ。

Beckett needed to consider these factors too. "It was difficult to be certain about some of the costs relating to support and training, so we erred on the pessimistic side, assuming that StarOffice would involve higher costs and that existing Microsoft Office users would not require any training at all."
-----
Beckett氏もこの要素を考慮しなければならなかった。「サポートとトレーニングに関わるコストには、正確な数値を出すのが難しいものがあります。私たちは、StarOfficeはMicrosoft Officeよりサポートにお金がかかる、既存のMicrosoft Officeユーザーはトレーニングをまったく必要としない、という仮定をしました」

He continues, "You could say that we stacked the deck in favor of Microsoft Office to reflect users' views. Despite this approach, we found that the TCO calculations favored StarOffice.
-----
「ユーザーの声を反映して、Microsoft Officeが有利になるようにそのような仮定をしたのだろうといっていただいて結構です。しかし、このような仮定でTCOを計算した結果、StarOfficeに軍配があがったのです」

So far, the experience of migrating users has proved that the cost of migration is low and ease of use is high. We now have concrete evidence that less effort is required to deploy the software [and] support and train users than we estimated. We have provided information on our approach through the Open Source Academy in our Deployment and Training Packs for other councils to use in their planning."
-----
「ユーザーをStarOfficeに移行してきたこれまでの経験から、StarOfficeへの移行にかかるコストは低い、そしてStarOfficeは使いやすい、ということが証明されました。こうして、私たちは、思ったより少ない労力で、このソフトウェアを導入し、ユーザーのサポートとトレーニングができるという具体的な証拠を手に入れました。私たちはオープンソースアカデミーのレポートで示したこの方法を盛り込み、導入およびトレーニングパッケージをつくりました。このパッケージは、ソフトウェア導入計画策定の際、ブリストル市カウンシル以外のカウンシルにも利用していただけるようにつくりました」

at 22:32|Permalink OpenDocument 

英国ブリストル市の場合(4)

Despite the potential of a low-cost solution, Beckett was also eager to explore open standards. "If short-term cost was the overriding factor, it wasn't the only one. Bristol has been using open standards and open source for years in our web server infrastructure, and more recently in our work on e-trading. We recognized the value of avoiding proprietary lock-in, and saw the XML file format used by StarOffice/OpenOffice.org as a key to this.
-----
低コストソリューションの可能性を見出したBeckettは、オープンスタンダードの調査にものりだした。「最も重要な問題は、短期的なコストの問題だけではありませんでした。ブリストル市はWebサーバーのインフラストラクチャで長い間オープンスタンダードとオープンソースを利用してきました。最近では、eトレーディング(電子取引)でも利用しています。私たちは、プロプリエタリ(特定ベンダー専有物)へのロックインを回避することが価値あることだ、ということをよく承知しています。ここで、StarOfficeとOpenOffice.orgが使っているXMLファイルフォーマットが大切な意味をもってきます」

We think that the move to Open Document Format and the support for XForms within StarOffice 8 will provide significant opportunities for integration and interorganization messaging over the next couple of years. We didn't make this a key part of the business case, unlike Massachusetts, but their arguments make sense to us too. Government bodies are not the same as commercial organizations--we have far greater and longer lasting responsibilities to the public for the information we hold on them."
-----
「StarOffice 8がサポートしているOpenDocument FormatとXFormsは非常に大切です。これに移行すれば、数年で、システムの統合と組織内メッセージングを実現する可能性が開けてきます。私たちは、米国マサチューセッツ州のように、これをビジネスケース(投資対効果検討書)の重要事項にしませんでした。しかし、マサチューセッツ州の論拠は私たちにもよく理解できます。行政機関は営利団体とは違います。私たちは市民1人1人の情報をもっています。市民に対してはるかに大きく、また長期間にわたる責任があります」

Beckett had difficulty finding negative reasons that related specifically to the open source basis of StarOffice, but identified mind-set as the most compelling problem.
-----
StarOfficeはオープンソースを基盤としている。これが移行を阻む否定的な理由にはならなかった。最大の問題は、考え方だった。

"Our biggest challenge was encouraging staff to be open-minded about anything that wasn't MS Office. Microsoft have become so dominant and ubiquitous that the default assumption for many people is that everything else is inferior and that the only way to accomplish work is to do it in the exact way that an MS Office product does it.
-----
「職員にMS Officeでないものを受け入れてもらうようにすること。これが最大の難関でした。Microsoftが必ず使うもの、どこにでもあるものになってしまったために、Microsoft以外のものはMicrosoftに及ばないという思い込みが多くの人にありました。仕事を完成させる唯一の方法は、MS Officeでやる方法で仕事をすることだ、という思い込みもあります」

When you combine this with the idea of software that doesn't cost money, you end up with comments like 'If it's cheap, it must be nasty.'"
-----
「こんな考えの人に、お金のかからないソフトウェアがあるよ、といってごらんなさい。安物なら使いものにならないな、といわれるのがオチです」

Beckett believes that part of the solution to this problem was to provide some peace of mind for his users. "We had to face a lot of fear, uncertainty, and doubt; do a lot of listening; and show people what StarOffice could do before they began to relax.
-----
この問題を解決する1つの方法は、ユーザーに安心感を与えることだ、とBeckett氏はいう。「ユーザーにはたくさんの恐れ、不安、疑念があります。私たちはこれを直視しました。ユーザーの声に耳を傾けました。StarOfficeに何ができるかを実際に見てもらいました。こうしてユーザーは肩から力を抜いて、使い始めたのです」

Sun were very supportive during this process (as you would expect!), and I think the council needed the reassurance of a big IT vendor behind the product. They worked with us on a large-scale pilot in the local housing offices, and put in lots of engineering resources to follow up and fix the issues we found."
-----
「Sunは、期待どおり、このプロセスの間、非常に協力的にサポートしてくれました。カウンシルには、ビッグなITベンダーがこの製品をサポートしてくれているという安心感が必要だったと思います。地方住宅局で行った大規模なパイロット(試験運用)でも、Sunは私たちといっしょに働き、大量のエンジニアリングリソースを注いでフォローアップをしてくれましたし、また私たちが見つけた問題の解決にもあたってくれました」

at 16:30|Permalink OpenDocument 

英国ブリストル市の場合(3)

A New Direction
-----
新しい方向

Gavin Beckett, Bristol City Council's IT strategy manager, took up the challenge of building a business case to determine whether and how Bristol's 5,500 computers could migrate to an alternative office suite. Open source software had become a prominent option, and Beckett was keen to identify what open source could potentially offer.
-----
ブリストル市行政府の5,500台にのぼるコンピュータのソフトウェアを別のオフィススイートに移行できるか、移行するとすれば、どのように移行するか。この課題に取り組んだのが、ブリストル市カウンシルのIT戦略マネジャーGavin Beckett氏だった。オープンソースソフトウェアが1つの選択肢として浮上してきた。そこでBeckett氏は、オープンソースの潜在力を明確にする作業を始めた。

Ultimately, the council decided to move over to Sun's StarOffice suite. Based on the open source OpenOffice.org suite, StarOffice provides a complete, supported, cross-platform office solution.
-----
最終的にカウンシルは、SunのStarOfficeスイートへの移行を決めた。StarOfficeは、オープンソースのスイートOpenOffice.orgをベースにした製品で、サポートも含む完全なクロスプラットフォーム(複数OS上で動作する)のオフィスソリューションだ。

Although StarOffice itself is not available under the same Open source license as its OpenOffice.org brethren, the move to StarOffice signaled a key win for open source supporters.
-----
StarOfficeのライセンスは、OpenOffice.orgのライセンスのようなオープンソースライセンスとは異なる。しかし、StarOfficeへの移行は、オープンソースを支持する人々にとって、重要な勝利だ。

StarOffice not only opens the door to open source, but it also firmly closes the door to the dreaded vendor lock-in that plagues its closed source counterparts.
-----
StarOfficeは、オープンソースには扉を大きく開いているものの、クローズドソース(オープンソースの反対)のベンダーにとってもやっかいなベンダーロックイン(特定ベンダーに縛られること)にはしっかりと扉を閉じている。

This vendor lock-in is evident in closed source file formats (such as those of Word and Excel) and would help to keep the user base locked into those applications to continue to be able to open the files. StarOffice and OpenOffice.org's support for the OASIS-standardized Open Document Format (ODF) and adoption of that software in Bristol eliminates vendor lock-in.
-----
このベンダーロックインは、クローズドソースのファイルフォーマット(WordやExcelのファイルフォーマット)に表われている。このようなファイルを開くためには、WordやExcelを使いつづけなければならない。StarOfficeとOpenOffice.orgは、OASISが標準化したOpen Document Format (ODF)をサポートしている。これを採用したブリストル市は、ベンダーロックインを回避できるというわけだ。

The attraction to open source came in a few forms. "Clearly the cost of procuring Microsoft Office for the whole council was a major reason for our interest in low-cost or freely licensed software," Beckett says. "We knew that the council would have to find a large amount of money to invest in the migration project from the mixed environment to a new standard.
オープンソースの利点についてBeckett氏は、「カウンシル全体にMicrosoft Officeを導入するのは明らかにコスト面で問題があった。これがライセンス料のかからないオープンソースソフトウェアに目を向けた大きな理由の1つだ」という。「さまざまなソフトウェアが混在する環境を新しいスタンダードに統一するプロジェクトにはお金がかかります。そのために多額の資金を用意しなければならないことをカウンシルはよく承知しています」

If the standard product also came with a high purchase cost, we would find it very difficult, or even impossible, to find the budget for it. Our council had frozen Council Tax for three years running, and capital reserves were being used to fund essential services to vulnerable people--if we could provide a good-quality office suite within existing budgets, and invest in staff training and support at the same time, that had to be a better solution."
-----
「もしスタンダードにしたい製品の購入に高いコストがかかるとすれば、その予算を組むのは非常に難しい。不可能になるでしょう。カウンシルが地方税を凍結して3年になります。資本準備金は、社会的弱者に対する必要不可欠なサービスを行う資金として使われてきました。もし、現行予算内で、高品質のオフィススイートを提供すると同時に、職員のトレーニングやサポートにも資金を投入することができるとすれば、これこそがより良いソリューションだったのです」

at 14:31|Permalink OpenDocument 

英国ブリストル市の場合(2)

As a user of a range of software solutions, Bristol's council has always committed itself to finding the right solution for the right problem and trying to deliver that solution at the lowest total cost of ownership (TCO) possible. As a primary user of Microsoft Office, the council saw the change in licensing policy at Microsoft as an opportunity to explore the options available to possibly unify its computing into a software standard.
-----
さまざまなソフトウェアを使うユーザーであるブリストル市カウンシルは、適切な問題解決方法(ソリューション)を見出すこと、そしてそのソリューションの総所有コスト(TCO)を最小限に抑えることに力をいれてきた。Microsoft Officeのユーザーでもあるブリストル市カウンシルは、Microsoftのライセンスポリシー変更を、他の選択肢(オプション)を検討するチャンスと見た。コンピューティング(コンピュータとソフトウェアを利用して仕事をすること)を1つのソフトウェアスタンダードに統一するチャンスである。

There were two main drivers for its work on a new office software standard--one internal, one external. Within the council, staff responded to a survey about what standards they should incorporate--part of a Best Value Review of information and communication technologies (ICT)--and the top issue the respondents asked the council to fix was the mixed environment of Lotus 1-2-3, WordPerfect, and Microsoft Office. Users complained of spending too much time on converting documents, even for internal sharing, and without a corporate licensing agreement there were many versions of each product in use. Many of these tools did not support the newer features of Microsoft Office, which made collaborating with partners more difficult.
-----
新しいソフトウェアスタンダードへの移行が求められる要因には、内的要因と外的要因の2つがあった。ブリストル市カウンシル内で、どんなスタンダードが必要かを職員に問う調査が行われた。これは情報および通信技術(ICT)のBest Value Review(最高の価値レビュー)の一環だ。この調査で、回答者がカウンシルに改善を求めた問題の第1が、Lotus 1-2-3、WordPerfect、Microsoft Officeが混在する環境だった。文書(ドキュメント)の変換に時間がかかるというのがその理由だ。文書をカウンシル内で共有するのにさえ手間がかかる。またいろいろなバージョンが、ライセンス契約なしで使われているソフトウェアがたくさんある。このようなソフトウェアは、Microsoft Officeの新しい機能をサポートしていなかった。そのためパートナーとのコラボレーションがさらに難しくなっていたというのである。

The obvious solution was to standardize on Microsoft Office, but that is where the external driver came in. Microsoft's changes to its volume licensing terms removed upgrade rights and introduced Software Assurance. The council assessed the impact of this new policy and discovered that it would increase its costs significantly.
-----
Microsoft Officeをスタンダードにしてしまうのも1つの方法だった。しかし、問題があった。それは、Microsoftのボリュームライセンス(大量のソフトウェアを格安で購入する際のライセンス)変更である。新しいボリュームライセンスでは、アップ―グレードするのにソフトウェアアシュアランスを買わなければならない。カウンシルは、この新しいライセンスポリシーに従えば、大幅なコスト増になることがわかったのである。

at 11:50|Permalink OpenDocument 

英国ブリストル市の場合(1)

Bristol Switches to StarOffice
こんなニュースが入ってきました。

Bristol Switches to StarOffice by Jono Bacon 02/23/2006
------
ブリストル市、StarOfficeに移行
------
この記事をかりて、南西イングランド地域にあるブリストルを旅してみましょう。

(注) England:英国のイングランド地域を指す言葉ですが、首都ロンドンが含まれるので、英国全体を指して使われることもあります。英国の運輸地方省 (Department of Transport, Local Government and the Regions) は、イングランド地域をロンドンを除いて、8地域に分割しています。North West、North East、Yorkshire and the Humber、West Midlands、East Midlands、East of England、South East of England、South West of England. 英国全体を指す場合にBritain(ブリテン島)あるいはGreat Britain(大ブリテン島)ということがあります。ブリテン島は、イングランド、ウェールズ、スコットランドの3地域で構成されています。 これに北アイルランドを加えて英国となります。英国の正式名称は、United Kingdom of Great Britain and Northern Irelandです。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドを含む立憲君主国ですね。

(注) Bristol: ブリストルのハーベイは、1796年創立のシェリー輸入販売元。ハーベイのブリストルクリームは、コクのある甘口のクリームシェリー。少し軽めの甘口シェリー、ブリストルミルクとともに有名。

In southwest England lies Bristol, England's eighth most populous city. With more than 390,000 residents, Bristol is well populated with strong local government representation. The Bristol City Council, a large and comprehensive administration, runs the town. The council uses thousands of computers for a variety of tasks, one of the most fundamental being office productivity and document creation.
-----
南西イングランドのブリストル市は、英国で8番目に人口が多い市だ。人口39万以上、人口密度も高い。ブリストル市には強力な地方自治政府がある。行政府ブリストル市カウンシルは、さまざまな仕事に数千台のコンピュータを使っている。最も基本的な仕事の1つが、文書の作成である。

at 10:23|Permalink OpenDocument