2006年02月03日

OpenDocument革命(8)

OpenDocumentエッセンシャルズ
----------------------------

OASIS OpenDocument Essentials
という本があります。

この本の紹介には次のように書かれています。
-----
Organization for the Advancement of Structured Information Standards (OASIS)は、OpenDocumentを標準規格(スタンダード)として承認しました。OpenDocumentは、無償で利用できる、XMLベースのファイルフォーマットで、テキストドキュメント、スプレッドシートドキュメント、チャートドキュメント、グラフィカルドキュメントに必要とされる機能をカバーしています。OpenDocumentは、OpenOffice.org 2.0のネイティブファイルフォーマットです。KOfficeも今後のバージョンでOpenDocumentをネイティブファイルフォーマットとして採用する予定です。

「OASIS OpenDocument Essentials--Using OASIS OpenDocument XML」「OASIS OpenDocumentエッセンシャルズ--OASIS OpenDocument XMLの使い方」と題されたこの本は、OpenDocumentフォーマットの利用法を紹介します。また、OpenDocumentの基本も説明します。この本には、OpenDocumentファイルから情報を抽出する方法、OpenDocumentファイルを変更する方法、OpenDocumentファイルを生成するプログラムなどのサンプルがあります。この本は、J.David Eisenberが執筆しています。現在公開レビューの段階です。O'Reilly & Associatesから出版を予定しています。この本の内容のライセンスは、Free Software FoundationのGNU Free Documentation Licenseです。
-----
つまり、この本は、OpenDocument仕様書のエッセンス、入門書、活用本だといっていいでしょう。PDF版で303ページです。

at 10:31|Permalink

OpenDocument革命(7)

いったいOpenDocument仕様書には何が書いてあるのか
------------------------------------------------
Open Document Format for Office Applications v1.0, OASIS Standard, 1 May 2005
OpenDocument仕様書は、PDF版で706ページあります。辞書みたいですね。たとえばOpenDocumentを読み込んだり、書き出したりできるアプリケーションを開発しようとするソフトウェア開発者がいるとします。この仕様書はそういう方が参照するリファレンスブックです。このようなソフトウェアの開発やファイルフォーマットに関心のない人には、おもしろくもなんともありません。
でも何が書いてあるのか、興味があります。ちょっとのぞいてみましょう。
-----
14.6.6 Font Character Set
The style:font-charset attribute specifies the character set of a font. See section 15.4.18 for details.
-----
<define name="style-font-face-attlist" combine="interleave">
<optional>
<attribute name="style:font-charset">
<ref name="textEncoding"/>
</attribute>
</optional>
</define>
-----
これは、OpenDocument仕様書バージョン1、第14章、6節の6「フォント文字セット」の部分です。第14章には「スタイル」をどのようにXMLで定義しているかが書かれています。その6節は「フォント」です。そこから「フォント文字セット」の部分を抜き出して紹介しています。そこには、「スタイル: フォント文字セット属性はフォント文字セットの仕様を定めます。詳しくは15.4.8をご覧ください。」と書いてあります。そして、フォント文字セットをXMLでどのように定義しているかが具体的に書かれているわけです。
OpenDocument仕様書には、このようなXMLによる定義が延々と書かれているのです。

at 01:10|Permalink

OpenDocument革命(6)

著作権表示
----------
OpenDocumentはソフトウェアではなく、仕様書、本です。PDF版の最後のページ、706ページに、Appendix A.Notices(付録A.注意書き)があり、その中に版権表示があります。
Open Document Format for Office Applications v1.0, OASIS Standard, 1 May 2005

-----
OASIS takes no position regarding the validity or scope of any intellectual property or other rights that might be claimed to pertain to the implementation or use of the technology described in this document or the extent to which any license under such rights might or might not be available; neither does it represent that it has made any effort to identify any such rights. Information on OASIS's procedures with respect to rights in OASIS specifications can be found at the OASIS website. Copies of claims of rights made available for publication and any assurances of licenses to be made available, or the result of an attempt made to obtain a general license or permission for the use of such proprietary rights by implementors or users of this specification, can be obtained from the OASIS Executive Director.

OASIS invites any interested party to bring to its attention any copyrights, patents or patent applications, or other proprietary rights which may cover technology that may be required to implement this specification. Please address the information to the OASIS Executive Director.

Copyright (c) OASIS Open 2005. All Rights Reserved.

This document and translations of it may be copied and furnished to others, and derivative works that comment on or otherwise explain it or assist in its implementation may be prepared, copied, published and distributed, in whole or in part, without restriction of any kind, provided that the above copyright notice and this paragraph are included on all such copies and derivative works. However, this document itself does not be modified in any way, such as by removing the copyright notice or references to OASIS, except as needed for the purpose of developing OASIS specifications, in which case the procedures for copyrights defined in the OASIS Intellectual Property Rights document must be followed, or as required to translate it into languages other than English.

The limited permissions granted above are perpetual and will not be revoked by OASIS or its successors or assigns.

This document and the information contained herein is provided on an “AS IS” basis and OASIS DISCLAIMS ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE INFORMATION HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.
-----
中ほどに、Copyright (c) OASIS Open 2005. All Rights Reserved.、とあります。
OASIS版権所有、ということです。その下には、翻訳、複製、配布、出版は自由、と書いてあります。ただし、上記の著作権表示を含めることが条件です。

at 00:16|Permalink